結婚式の二次会で幹事などをお願いした場合のお礼の方法

結婚式の二次会の場合、大抵の場合、幹事や準備、受付などは親しい友人や会社の仲間などにお願いすることがほとんどでしょう。その場合お願いした方にはきちんとお礼をすることが大切です。
まずお礼をしなければならないのはやはり幹事です。

 

何ヶ月も前から会場の手配や料理のメニューの選択、当日の司会進行などをたくさんの仕事を引き受けてもらう大役です。お礼の仕方は様々ですが、一般的に多いのは会費を免除することです。あるいはプレゼントなどで感謝の意を表しても良いでしょう。当日はゲームなどの余興の後に壇上に上がってもらい、サプライズでプレゼントを渡すなどの方法もあります。

 

次に、当日受付や余興を担当してくれた方々にもお礼をしましょう。幹事とは違い会費は徴収するものの、お礼を包んで渡すなどの方法が良いようです。あるいはプレゼントを渡しても良いです。幹事をはじめ、様々な役割を担当してくれた方々を集めて、食事会などを開くのもおすすめです。当日を振り返りながらの食事は会話も弾むことでしょう。

 

気をつけなければいけないのは、年上の方に二次会を手伝ってもらった場合などです。そうした場合は少しかしこまったお礼をしましょう。後日、自宅に赴いてお礼を渡したり、新居に招待してお礼をしても良いでしょう。

 

お礼の仕方に決まりはありませんが、大切なのは自分たちできちんと感謝の意を伝えることです。お礼の品は金銭でもプレゼントでも、相手の負担にならない程度のものならかまいません。金銭では抵抗がある場合や、プレゼントだと好みに合わない心配があるのであれば、商品券などにしてもいいでしょう。その場合も、無理をして高額の謝礼を用意する必要はありません。

 

大切なのは、忙しい中時間を割いて新郎新婦のために心を砕いてくれ、当日、楽しい時間を過ごすことができたことへの感謝を、しっかりと伝えることです。

幹事や準備を引き受けてくれた方々も、きちんと感謝の意を伝えてもらうことで、それまでの苦労は報われるものです。

 

 

負担を減らしたいと考えているなら業者を利用するのもあり!!

二次会代行のサービスで負担軽減!

■結婚式の二次会幹事を代行|2次会本舗

■https://2-hompo.com/