二次会の費用を高くしてしまうと会費が上がってしまい不満が出るのでできるだけ抑えた方が良いです。

 

二次会の幹事を任された人にとって頭の痛い問題のひとつに二次会の費用の問題があります。
それはどういう事かというと二次会をやる時は二次会の参加者からそれぞれ会費を徴収する事になります。

その時にできるだけ二次会の費用が高くないに越した事はない事は分かっていても、実際に二次会の費用を抑えてしまうと二次会のイベントの質も下がってしまうというのがあるからです。

ですから、できるだけ二次会の費用が高くならないようにすべきとは思っていても、二次会のイベントを盛り上げるにはある程度の費用が必要なので実際はどういう風にすべきかかなり迷っているという人が多いです。

では、実際に二次会をやる時に二次会が盛り上がるイベントをやるよりも少しでも費用を抑えた方が良いのかという問題ですが、普通に考えれば多少二次会の費用が上がってもイベントを盛り上げた方が良いように感じるものです。

ですが、実際は二次会に参加した人の多くは二次会のイベントが盛り上がる事よりも少しでも会費が安くなる事の方が重要です。
なぜなら、多くの人はいくら二次会のイベントが盛り上がっても会費が高くなれば不満を持つからです。

ですから二次会の幹事は二次会のイベントが盛り上がる事を考えるよりも会費が安くなる方を有線すべきです。
もちろん、二次会のイベントが盛り上がるに越した事はないです。

ですが、それはあくまで二次会の会費が必要以上に高くならないようにした上での話です。
でないと、いくら二次会のイベントで盛り上がっても会費が高いと多くの人がその二次会に不満を持つようになります。

つまり、二次会の幹事を任された人は二次会の費用が高くならないようにした方が良いという事です。
その上で二次会のイベントが盛り上がるようにするのが幹事の腕の見せどころという事になります。

少なくとも私はこのこれまでいろんな二次会を見てきて費用が高い二次会で満足している人を見た事がないので二次会の費用は抑える方が良いです。