無理やり二次会に参加させられる場合もそこに出席する人との人間関係を重視しないなら無理に参加しなくても良いです。

 

二次会の中には無理やり二次会に参加させられる二次会というのもあります。
そういう二次会には参加したくないと思ってしまう二次会も中にはあります。

まず、無理やり二次会に参加させられる時点でその二次会に出たくないという気持ちになる事が多いですが、中にはそれほどその二次会に出たくないと感じるものもあるにはあります。

ですが、無理やり二次会に参加させられる時点でその二次会の内容に関係なくその二次会に出たいという気持ちは薄くなります。実際に無理やり二次会に参加しないといけない場合はその二次会には自分よりも立場が上の人が多く参加している事が多いです。

ですから、その二次会に参加しても楽しいと感じるよりも相手に気を遣う事になるのが簡単に予想できる点でも、その二次会に出たいという気持ちはかなり薄くなります。

そもそも二次会に無理やり参加させられる時点で不愉快なのでその二次会に出たくないという風に思ってしまうのは当然です。
では、実際に無理やり二次会に参加させられる場合に出たくないと思った時にその二次会に出なくて良いのかというと、そういう事はないです。

いくら無理やり二次会に参加させられるのが嫌でも二次会には出た方が長い目で見て出て良かった事になります。
なぜなら、無理やり二次会に出る事になった時は多くは飲み会のようなもので人間関係を深める目的がそれにはあるからです。

ですから、その二次会に参加したくないと思っても出た方が良いという事になります。
でも、中にはどうしてもその二次会に出たくないと思う人もいるものです。

特にその二次会が単に飲み会の延長で目上のくだらない自慢話や説教を聞かされるのは苦痛です。
なので、無理やり二次会にどうしても出たくないと思うなら思い切って断ってしまうというのもひとつの手です。

ただ、その場合はその二次会に出席する人との人間関係はどうでも良いと思った場合だけそうすべきです。
もし、今後も人間関係を良好に保ちたいと思うなら無理やり二次会に参加させられる場合もしっかり出た方が良いです。